イベント会場で活躍するインカム

2018年6月27日

4ワイヤーインカムとは

4ワイヤーインカムとはどのようなもののことを言うのでしょうか。まさにインカムも様々なモノが登場し、私達が積極的に、それぞれのインカムの使い方を追求する必要があります。

【4ワイヤーインカムとは】

みなさんがいろいろなシーンで有効的に利用している有線式インカムには4(フォー)ワイヤーの回線のモノと2(ツー)ワイヤーの回線のものがあります。 更に4ワイヤーと2ワイヤーを切り替え可能なものもあります。

どのような点に違いがあるのかといえば、4ワイヤーインカムとは、 送話のラインと受話のラインがそれぞれ2本ずつあるもののことをいい、2ワイヤーインカムは、2本だけのラインオンリーで送受信を行って行きます。

【4ワイヤーインカムのメリット】

4ワイヤーインカムを使用すれば、 送受信が別なので、自分自身がマイクに向かい話しする声は、自分の耳に返って来ないですが、 2ワイヤーのモノは、自分の声が耳に返って来て、一般的に2ワイヤーインカムでは、自分の声が小さくなる様に細工をします。

4ワイヤーインカムのほうは、電話と同じように相互通信が可能です。ただし、実際には、4ワイヤーインカムのほうが、周辺のノイズを送り続けてしまうことになり、プッシュ・トーク方式で話すケースが多いです。

さらに送信スイッチをロックすることが出来るので両手を離して(ハンズフリー)通話することが出来ます。

子機からの信号を多数の子機や目的の子機に接続するための交換機機能を持つマトリックスシステムが必要になるのですが、音声マトリックスシステムを全部アナログ回路で構成すれば相当価格が高くなってしまうので、 ここのみをデジタル化した4ワイヤー・インターカムが多くあります。

4ワイヤーインカムをいろいろなシーンで利用しているでしょう。4ワイヤーインカムを、中継現場で使用することもあるでしょう。カメラマンが、4ワイヤーインカムを使用して、グラウンドに置いて、4ワイヤーインカムのスイッチを入れたまま気付かないということも起こることがあるようです。

大音響がインカムから耳の中に響き渡ったりして、スイッチを切り忘れてカメラマンは知らぬ顔です。それでも、4ワイヤーインカム求めている人たちがいます。2ワイヤーと比較して設備投資が高額となりますが、サイド・トーンが基本的に発生しないで、クオリティの高い音声を実現することができるのが、4ワイヤーインカムの大きな魅力です。

4ワイヤー・マトリックス・インターカム・システムの基本的原理は、通話先を選択し操作する操作パネルと、多数のパネルが集中的に接続するマトリックス装置からなります。

みなさんが使用するうえで電源のマイナスと音声の片側を共通にすれば3 芯のマイクケーブルが利用できるため汎用性が高く、2ワイヤーインカムと比較する大きな意味もあります。