イベント会場で活躍するインカム

2018年6月27日

2ワイヤーインカムとは

有線式2ワイヤーインカムは、音声の送りと戻りを共通の 2本の導体を利用して、電話のように同時送受信を可能とする音声通信システムです。

電源のマイナス側と音声の片側を共通にすると 3芯のマイクケーブを利用することができ、より汎用性が高く感じられることでしょう。

2ワイヤーインカムは、電話のパーティーラインみたいに多く人数で同時通話することができ、「パーティーライン」と呼ばれることもあります。

接続は多数の子機を並列に接続ししていき、最終的には1台または、複数の電源供給装置に接続されます。

ここでは、2ワイヤーインカムとしてどのような商品が販売されているのかチェックしてみましょう。

【株式会社ボッシュセキュリティシステム2ワイヤーインカムラインアップ】

株式会社ボッシュセキュリティシステムの 2ワイヤー・パーティライン・システム、RTS2ワイヤー・インターカム・ユーザー・ステーションは、オリジナルのモジュラ設計でいろいろなユーザー・ステーションが用意されています。

RTS独自の回路設計により2チャンネルのコミュニケーションと制御を2芯シールドケーブル1本で行うことができ20種類以上のコンポーネントを組合わせ、 思いのままに自由システム設計が出来ます。

RTS2ワイヤー・インターカム・ユーザー・ステーションは、スタンダードなXLR-3ピンを採用してシステムの設置に格別配慮は必要はありません。運用するときは、ヘッドセットやグースネック・マイクロフォンを選ぶことができ、クリアでゆがみのない音を実現することができます。

【Tempest テンペストベースステーション】

Tempest テンペストのベースステーションでは、1台につき5台までのベルトステーションの接続ができます。 ベースステーションは同一箇所で10台まで、ベルトステーションは50台まで使用をすることができます。

Clear-Com「2Wパーティーライン」だけでなく、 4Wマトリックスシステムインターフェイスの用意もあります。

TMP-B2242ch ベースステーションは、インターカムオーディオチャンネル2chで、ベースステーション1台あたり完全二重の通信が出来るベルトステーション数は5台までです。

ベースステーション1台あたりの片側通信が出来るベルトステーション数は無制限です。 ベースステーション1台あたりのアンテナ接続ポート数は1ヶ所で、同期できるベースステーション数は10台です。ベースステーションとベルトステーションのペアリングは、 ミニプラグケーブルで接続します。